人を育て、未来を育む。ビジネスや仕事を創造し、人や組織を動かす知識提供-コベルコ・キャリア・ディベロップメント株式会社
人材育成・研修サービス・コンサルタント・資格取得研修・クレーン教習所

コベルコ・キャリア・ディベロップメント株式会社

神戸製鋼グループ

会員ログイン会員登録する

コミュニケーションのズレを起こさせない野外研修

セミナーの概要

コミュニケーションのトラブルは
伝える側と受ける側、両方の問題!

例えば・・・部下・後輩の指導に戸惑うことはありませんか? 部下の言い訳もありますよね 組織全体に判断の基準が共有されていないと・・組織全体がこのような状況に陥っていませんか?

これらの課題に対して当社の研修では「野外」で、自分たちで「課題設定」し、
「コミュニケーションのズレを起こさない」スキルを体感・体験します。

「野外研修」と言っても走破するだけのオリエンテーリングではありません。
自分たちで課題を設定し、解決方法を模索し、ゴールを目指す、その体験を通して、
「コミュニケーションのズレを起こさない」方法を学びます


・組織活動を円滑に進めていくために
 コミュニケーションが果たしている役割とその重要性を認識する

・情報の作成と情報に基づく課題遂行を通して
 情報の発信者と受信者との間にある理解・認識のずれを体感し、
 相手の立場に立って情報を作成することの重要性を理解する
 

・グループでの活動経験より
 役割分担とチームワークの大切さを理解する

・2期間を通じての自らの活動から
 計画→実行→振り返り→改善のマネジメントサイクルを実践し、
 実務に活かす

I&Cルール概要

2〜3名で1グループ→2つのグループで1チームを構成

研修風景

研修風景写真

弊社の思い

上司と部下のズレをなくす

様々な企業様の研修に関わらせていただく中で、こんなにも部下のことを思っていても伝わらない「上司の思い」や、そんなに熱い思いを持っていたのかという「部下の本音」を見てきました。 そして、それぞれが相手に伝わっていないという現状も。上司の伝え方・部下の受け止め方、そのズレをなくし、組織全体が成長する研修を目指します。

受講者の声 (上司)「自分の指示が、部下をこれだけ迷わせていたなんて・・・」

他責にさせない研修

与えられた課題は、反省に結びつかない」よくあるシミュレーション研修では、「テーマが悪かった」「運が悪かった」「その時のメンバーの相性が悪かった」等 研修コンテンツのせいにしてしまうことが起こっていませんか?当社の研修では、課題の設定を受講者自らが行います。研修を進める中で、うまくいかないこと、失敗があっても「人のせい」にはさせません。自責で考えることを実践します。

遊び心

コミュニケーションは、室内でロープレしても高まるものではありません。 「野外」という非日常的な環境で生き生きと研修を体験してみませんか?

受講者の声  「単純にすっきりできた」「普段よりリラックスしてコミュニケーションできた」 「もう部下を迷わせないぞ!」「こんなに野外研修が奥深いとは思わなかった」

研修実施に関して

1.実施形態:
1泊2日研修 カリキュラム・研修内容は貴社ご要望に応じて、カスタマイズ可能です
2.受講者人数:
1回最大30名(6名×5Gr)程度まで対応可能
講師1名+サブ講師1名での対応となります
3.研修会場 (西日本地区)
OAAはりまハイツ (兵庫県加古川市)
希望ヶ丘文化公園 (滋賀県野洲市)
もみの木森林公園 (広島県廿日市市)
※ご要望によりコース開発を承ります(別途開発費用が発生致します)